Top ツーリング日誌
V-Link125S(2005年型)中古 h17年10月2日納車 3999km
KYMCO V-Link125S  h17年10月2日 20:30分私の相棒が1台増えた。(納車)
KYMCO V-Link125Sの中古(3999km)だ。
外見は、新車同様の最新型で新車と並んで展示してありましたが
中古だとわからないほどきれいで
おまけに純正の“大型リアキャリア”が装着済み
(リアボックスは購入)あとは
消耗品のタイヤが少し減っているくらいでしょうか

前々から乗っておりますDio(50cc)もありますが
60km出るか出ないか、へたすりゃスピード違反に
通勤の使用もしんどいので原付二種か150cc位の
スクーターを気長に探していた所、
前のオーナーさんが250ccにランクアップのため
下取りに出した物で出所もはっきりしてメンテナンスも
しっかりされてるバイクですので
1日考えて購入決定!
4000km走った前輪
4000km走った後輪
ちなみに4,000km走った時のタイヤの減り具合です
純正のタイヤ、グリップは悪いが耐久性が良いとか
聞いておりますが、後何キロ走れますか楽しみです

早速、山梨県のほったらかし温泉まで試走してきました。
燃費は、35km/Lでした。(h17-10-4)
V-Link125SRシリーズのシート
V-Link125Sのシート
ちょこっと気になったとこ、
SのシートとSRシリーズのシートは少し形状が違います
座り比べましたらやっぱりSRシリーズのシートのほうがしっくり、
少し長さがあるようで、タンデムでもSのシートよりすわり心地が
良かったです。
足つきの良さもSRシリーズのシートのほうが足を出しやすかった
価格を押さえてあるからしかたないですね
グランドディンクのシート
RV125JPのシート
予断ですが
グランドディンクとRV125JPのどちらかにしようかとも
考えていた時もありまして試乗してみました。
スタートのでだしはRV125JP
乗り心地はどちらも良いです
最高速度はそこまで出せませんでした
 2台比べまして違いがはっきり分かりました
◇足元のスペースが広いほうはRV125JP
◇シートの座り心地が良いのはRV125JP
◇タンデムシートの座り心地が良いのはグランドディンク

車体が他の125ccクラスよりお手ごろですがメーター読みで
ぬぬえkm(平地)でます
ぬわわkmオーバーまではスムーズにでます。(125ccなりに)
加速も2サイクルみたいにパンチはありませんが
マイルドでいつのまにかスピードがでています
果たして実測はどれほどか?
価格で行きますとSYMの“Xpro100”と1万くらいの差
100ccなのに80kmくらいまでの加速ですと“Xpro100”の
ほうがパンチが合って早いような?
その後85km(平地)で頭打ちになってしまいました。

しょせん125cc、原付ですので乗り心地も良くありません
シートのクッションも良くないかな
加速も250ccクラスには出だしから着いて行けません


ワイズギアのE30(リアボックス)を付けました
純正オプションの大型リアキャリアにがっちり
(4箇所で)固定できます
リアボックスもワンタッチで取り外しができます。


思ったよりも広いシート下の収納と
リアボックス(30L)を合わせましたらかなりの
荷物が積めそう?

今後、燃費がどれくらいになるか楽しみです
悪かったら予備燃料ボトルを買わなくっちゃ
オプティマス 1,5L
オプティマス
野沢温泉まで行ってきた時の燃費です 
   走行距離 598,6km
   ガソリン使用量ー16,88L
   燃費、、、、、、35,88km/L
燃料ボトルを何処に入れて持って
行くか決まらず、フロントフックに
引っ掛けて持って行きました。
1日走っておりましたが
邪魔ではありませんでした。
 V-Link125S  メンテナンス&維持費 
 h29年1月2日 オイル交換  25444km
  
  エンジンオイル交換 0.8L (シェブロン20W-50) 
 
h27年6月22日 ストップランプ/テールランプ交換      
h26年10月21日 24,100km
  ギアオイル交換・・・・・0.18L(R1150RTの残り)

※メーカー推奨※
 ギアオイル指定粘度       SAE90
 ギアオイル全容量/交換量   0.2L/0.18L
 ギアオイル交換時期 初回1,000KM   以降4,000KM
  h22年3月23日
18,285km以降
ギアオイル交換を
忘れていた
   きれいに拭いて終了
 h26年9月22日 24,071km  後輪ホーイル&タイヤ交換

前回h21年7月27日(17,319km)から6752km走りまして
今回で5回目の交換に
今回は中古のホイールにタイヤが着いていた物と
そっくり交換


 
コチラを装着
2011年3月2日にオークションで購入
中古タイヤ付を装着(¥2000)

センターの部が摩耗して中のベルトが
見えてきてしまったので交換

綺麗に掃除して古いタイヤを外して
スパイクタイヤを装着予定

 
ブレーキシューもはずして綺麗に掃除と
グリスアップ
 h26年6月24日 23,532km
              エンジンオイル交換 0.8L
               スノコ レッドフォックス (REDFOX)15w-50 
 
 h25年3月12日 22,442km 前輪キャリパー
                    ブレーキフルード交換&分解掃除

   前回はh21年6月14日(16916km)
                 前輪キャリパー分解掃除&ブレーキフルード交換
                   
 
 

パッドもまだたっぷり

まだそんなに汚れていなかった
h24年9月9日 22287km バッテリー交換 ¥1890−
         初めてのバッテリー交換 (写真右は今までのバッテリー)


       新しいバッテリーを初期充電
     
YTX7A-BS と同型へ 
h24年7月31日 22237km
              エンジンオイル交換 0.8L
               スノコ レッドフォックス (REDFOX)15w-50 
h23年5月23日  バッテリー充電
h22年6月8日
20,167km
オイル交換


ZX-12R用の
スノコ レッドフォックス
(REDFOX)
15w-50 
20L購入 ¥18,000-
から800ccをV-LINKへ
h22-10-25日保険に再加入、復活!!

h22-10-2日より保険切れの為、休眠中
h22年5月25日
ウエイトローラー交換後、試し乗り

秩父(R299)→麦草峠→ビーナスライン
→扉峠→松本城→乗鞍→高遠→
甲府→雁坂トンネル→合計距離591km
三峰大展望台(ビーナスライン)
ウエイトローラー交換後の試乗りのため高低差もありクネクネ道を
今回のツーリングコースに
結果としては交換前の最高速が元に戻り一安心、
滑らかさもパーツを新品にしたのでOK
12gとの差は明らかに違います。(当たり前のことですが)
街のりでスタート重視の方は12gのほうがやはり出だしは
気持ちよく回ってくれます。今回走った上り坂は12gのほうが
気持ち良くまわってそうな感じかなぁ、
(前回12gで富士山へ試し乗り行った時と比べて)
ただ常に回転数が少し13gより上がり気味なので
私はノーマルの13gがGOODでした
久しぶりに乗鞍に来たので温泉に入って帰ることに、
来る途中のビーナスラインと麦草峠は思っていた以上に
今回は寒かったのでヒエヒエ 。`)
寒っ〜
10分ほど暖めさせてもらい伊那、高遠、茅野、R20経由で
帰ることに、
h22年5月24日
ウエイトローラー交換

純正品ノーマルのウエイトローラーを
注文したら
1個13gが標準なのに
12gの物が、
まさか12gとは思わず
取り付けてしまったのだ
C= (-- )フゥッ
確認しなかった私も悪いが
kymcoはなんで標準と違う
物をよこすんだろう
まったく解らん!!
先週、駆動部を交換したため富士山まで試し乗り
をして来た時に高速の伸びが今一と最高速が
今までより10km位遅くなったため
今日は、ウエイトローラーの重さを確認する事に
案の定、標準の13gではなく12gでしたので
カバーを開けてプーリーをはずしたついでに、
標準の重さに直すことに、
18×14の大きさなので在庫の置いてある
お店に買いに行くことに
早速ローラーを交換
ついでに掃除も、
先週やって少ししか
走っておりませんので
きれい、
まだローラーなので金額がはらないから
いいけど、
交換する手間と
購入しにいく時間
のほうがしんどいなぁ〜( ̄。 ̄ )ボソ
h22年5月15日
18,599km

駆動系部品交換(純正品)
@ドライブベルト ¥3600
  (23100-KFBF-90A)
Aフェイスドライブ ¥2500
  (22102-KUDU-220)
BFACE COMP MOVBLE DRIVE
 ¥4000 (22110-KUDU-220)
Cウエイトローラー6個 ¥ ?
  (22121-GFY6-90A)
Dピーススライド  3個¥ ?
  (22132-KBN2-901)
Eエアクリーナー ¥920
  (17211-KEC6-900)
品番、値段は私が間違ってる
事もありますので
ご自分でご確認ださい



走行距離15,000km位には
ドライブベルトを取り替え
なくてはと考えておりまし
たがず〜と延期、
18000km越したあたりから
最高速がメーター読みで
115kmでていたものが
105km位に落ちてきて
出だしもベルトが滑ってるような、
クラッチの繋がりが
滑っているような、
ということで、交換することに
写真上側が古いベルトで
幅が19.6mm位でした。

写真下が新しいベルトで
幅が20.2mm位ありました
エレメントも今回が
初めての交換、
MOVBLE DRIVEとフェイスドライブもついでに交換
外径よりかなり内側にクッキリ跡が
ウエイトローラー、ピーススライドも磨耗してるので交換
PLATE RAMPとBOSSは再利用
クランクカバーを開けた
ついでに、前々から
キックの動きが悪かった
ので掃除してグリスUP、
結果とてもスムーズに
キックが出来るように
なりました。

ウエイトローラーも今回初めての
交換標準で1個13gのおもさですが
少し磨り減ってきてました。

今回新品で購入したウエイトローラー
は、品名に12GRって、、、
1個12gのことかな、、、ちょっと心配
クラッチのアウターも
今回初めて開けて掃除
クラッチの粉がたっぷり!
繋がりが悪い訳かな
クランクカバーをかぶせる前に
エンジン始動、チェックOK

慣らしに奥武蔵グリーンラインへ
スタート、変速ともに滑らかに
最高速は元に戻ったか、、、
後日報告することに
h22-5-18、早速次のお休みに富士山まで(往復約360km)試乗りに
駆動部交換後慣らしで30km位は走っておりましたが念のため
プラス50km位は慣らし運転することに
結果、とても静かになり滑らかにエンジンが回るようになりましたが
なんだか、最高速が伸びない、平坦地で105位がやっとこ従来より-10
早く吹けきってるような、次回の休みに、取り付けたウエイトローラーを
量ってみることに、1個12gだったら、
ノーマルと比べ合計で6gも軽いんじゃね確認を
h22年3月23日
18,285km
エンジンオイル交換
    &
ミッションオイル交換
中古で購入して納車
されてから、初めての
トランスミッション交換
とりあえず
ヤマハのミッションオイル
¥980−
↑使用量は
  0,18L
オイルを抜いた
  後は注射器で
  オイルを注入
ついでにエンジンオイル
  も交換することに
  800cc使用
 1L/480円のオイル
h21年8月24日
17,877km


フロントタイヤ交換
今回初めての
前輪タイヤ交換


ダンロップD306 100/90-10
¥2,550-
送料500円
代引き手数料315円
トータルで3,365円


約1万7千800km走行
位から前輪タイヤから
スピードを出したときに
なんとなくハンドルを
とられるような感じが

2万km位になったら
交換しようかなと思って
おりましたが暇だった
のでタイヤ交換する
事に、

日本製のタイヤ
になりまして何キロ
走ることが出来ますでしょうか
h21年7月27日
(17,319km)

リアタイヤ交換&
リアブレーキ掃除


[デューロ]チューブレスタイヤ 100/90-10(56J) \3,150-

今回で4本目のタイヤ

今回は台湾製の
タイヤを付けてみることに、
使い心地は
如何な物か
楽しみです

4972km走行後
5千km位が
寿命でしょうか

後輪を外すためには
マフラーが邪魔なよう
なのでサイドカバーと
アンダーカバーを
外してマフラーの
ネジをゆるめたところ

ついでにブレーキシュー
も外して清掃、もう
交換時期なのか分かり
ませんが、まだ
ブレーキが効くので
再利用
(^^; )

バルブの位置と
タイヤの黄色の印を
合わせてコンプレッサーで一気に取付
ムシネジを外してからのほうが空気が入りやすいのでビードをはめやすいです

マフラーを留めてる
ネジを全部ゆるめて
タイヤを外せるように

ホイールの中も
ついでにお掃除

装着完了
h21年7月21日
(17,319km)

ウインドスクリーン 取付け
型番 10000-A01-3000
\8900-

No1 ミラーをはずして
土台を仮止めで
付けた所
(長い方が右)
No2 シールドを付ける
金具の取付け

スクリーンが湾曲して
ますので金具も
湾曲に合せ取付け部が
ハの字になるよう
左右間違えないようにね
No3 シールドを
取付けて仮止めして
全体の取付け
バランスを調整して
ほん締めして終了
まえまえから欲しかったスクリーン
通販で品切ればかりでしたが、消費税、
送料、代引込で¥8,900-だったので
買っちゃいました。

G1 PRODUCTS
h21年6月14日
(16916km)

前輪キャリパー
 分解掃除&
  ブレーキフルード交換
  (ホンダDOT4)
今日はLANZA
前後輪キャリパーのメンテナンスをすることに、
約1万7千走行でもパットはまだまだ大丈夫!
パットは、約1万7千km走行しま
したが、まだたっぷり残っています
ので、今回は分解掃除とブレーキ
フルード交換をすることに
ピストンの見えてない所は、
ブレーキレバーを握りピストンを
せり出させてからみがいて、
また押し戻しましょう
h20年4月28日
(15866km)
       故障、まったくなし、
メーター読みで
115kmでてます(平坦地)
h20-4-28現在15866km
オイル交換 480/L 0.7L使用 10W-40

前回オイル交換の時のオイルが480/Lで
まだ売っていましたので同じ物を使用
安くっても問題ないようです
h19年7月31日
(13370km)
       故障、まったくなし
まったく故障なし
オイル交換 480/L 0.8L使用 10W-40

今回のオイル交換はセールで売っていた
1L/480円のオイルにしてみました

前回オイル交換時にネジを締めすぎたのか
走行中ヒットしてしまったのか?
ヒビがありましたので交換
部品代安くて助かり!
維持費が安くて助かります
h19年3月26日(12347km)
故障、まったくなし
新車の時からのタイヤ
前輪の状態(新車の時からのタイヤ)
後輪は8000km時にパンクして交換、今回で3本目
後輪タイヤ交換(ブリヂストン HOOP B01 100/90-10 ) ¥4158−  3本目
                             工賃   ¥1890−
ブリヂストン HOOP B01 2本目のタイヤ ミシェランS1
2本目のタイヤ
ミシェランS1
h18年9月19日(11112km)) オイル交換  1280/L  0.8L使用
  カストロール スクーター専用オイル POWER1 Scooter 10W-40 1L  
h18年4月11日(8754km) オイル交換  1480/L  0.8L使用
  カストロール スクーター専用オイル POWER1 Scooter 10W-40 1L  
h18年3月21日までの走行距離は約8625km 九十九里、中里海岸  (325km)
h17年12月24日現在     走行距離約7500km、寒くなってきましたが
    セルで1発で始動(定期的にエンジンをかけていますので)
    不調なところまったく無し!!
h17年10月29日までの
       走行距離は合計で6565km
オイル交換       1530円/L    0,9L使用
  メーカーでは2000km位でオイル交換を推奨でしたが
  ツーリングの関係上500kmほどオーバーしてから交換、
  廃油の量がかなり少ないぞ〜0,9L入っていたものが
  半分くらいでしょうか(笑)
  山形へ行きましたとき常に高回転を維持していたためでしょう
  高回転で走られる方はオイルが早く減りますので注意しましょう。
  60〜70km位で走るくらいでしたらそんなに減らないと思いますが
  1000km走行位ごとにオイル量のチェックをしたほうが無難です。         
h17年10月24日〜25日山形県へ  
         走行距離 3999+1242km
24日
奥日光→霧降滝→喜多方(R121)→川西町
(県道4&8号)→R113(小国町)→R7→R345
(笹川流れ)→R7三川町→酒田市(宮海温泉)
                 健康ランドで泊まり、、、本日646km
25日
鳥海山(鉾立展望台)R7→R112
(六十里越街道、湯殿山)→R267→川西町
(県道4&8号)→R121、鬼怒川→日光→R122→桐生
→深谷→自宅、、、、本日596km
合計1242km、、、燃費36.4km/L
  V−LINKで1泊2日でツーリングしてきました。
  景色のよい所では写真撮影のた駐停車の繰り返し
  移動のときは出来るだけ全開で加速して、
  常にハイペースを維持して走りましたが燃費を計算して
  びっくり36km/L以上も走ってくれました。
  山道でも熱ダレはありませんでした。おそるべし〜    
h17年10月11日 走行距離 3999+598,6km 高峰高原、燕温泉(黄金の湯)、野沢温泉
奥志賀高原栄線、渋峠、、、598,6km
     ガソリン使用量ー16,88L
     燃費、、、、、、35,88km/L
   日本国道最高地点(標高2172m)を走りましたがエンジンは
   まったく問題なし快調に回ってくれました。
h17年10月2日   走行距離  3999km 点検、整備済みで納車
1000km走行後エンジンオイルのチェック(予定)(結局しませんでした)
トップページへ! ツーリング日誌!
V-Link125S (主要諸元)
メーカー  KYMCO
車名  V-Link125S
設定型式  SD25QA(JP)
全長/全幅/全高  1780mm/695mm/1070mm
軸間距離  1230mm
シート高  705mm
乾燥重量  102kg
エンジン種類  空冷・4ストローク
総排気量  124.6cc
気筒数配列  単気筒
最高出力  7.1KW(9.60PS)/7500r/rpm
最大トルク  9.6N・m(0.98kgf・m)/6500r/rpm
点火方式  C.D.I.式
点火時期  BTDC 15.゜/1700rpm
アイドリング回転数  1700±50rpm
点火プラグ NGK  C7HSA
バッテリー  YTX7A-BS(12V6AH)
クラッチ  乾式多板シュー式
後輪ブレーキレバーの遊び  10〜20mm
始動方式  キック/セルフ
燃料タンク容量  6.0L
変速機形式  CVT
タイヤ空気圧 1人乗りの時  前輪/175Kpa      後輪/200kpa 
2人乗りの時  前輪/175Kpa      後輪/225kpa
エンジンオイル量 全容量  0,9L (10W−40)
オイル交換時  0,8L (10W−40)
交換時期  初回:1,000km     以後:2,000km毎
トランスミッション
     オイル量
全容量  0,2L   (SAE90)
オイル交換時  0,18L  (SAE90)
交換時期  初回:1,000km     以後:4,000km毎
フューズ メインフューズ  10A
バッテリーフューズ   7A
電球(バルブ) ヘッドライト  12V−18W/18W(MH6-1)×2
テール・ストップランプ  12V-18W/5W
ウインカ  12V−10W(ウェッジ)
タイヤサイズ 前・後  100/90-10 56J・100/90-10 56J(前後チューブレス)
制動装置   前輪 油圧式ディスク ・ 後輪 ドラム
乗車定員  2名